座間味島とは

国立公園に指定された慶良間諸島

2014年3月5日に沖縄県座間味村のある慶良間諸島は、国内で31番目の国立公園に指定されました。沖縄県では、石垣島の『西表石垣国立公園』に続いて2例目となります。透明度の高い優れた海域景観を有するとともに、約250種のサンゴとそこにすむ生物の多様性に加え、ザトウクジラの繁殖地であることが重視され、沿岸7kmの海域までを指定すると発表されました。

世界屈指の透明度を誇るその海は、海外でもKerama Blue”ケラマブルー”と称されるほど美しく、日本のサンゴの約6割が慶良間諸島に生息していると言われています。また、ウミガメの産卵地でもある慶良間は、シュノーケリングやダイビング中に、彼らに遭遇する事も珍しくありません。人口約900人という小さな島ですが、世界中のダイバーから注目されています。そんな座間味島で素敵な時間をすごしてみてはいかがでしょうか。

座間味島での過ごし方

座間味島は、一年中を通してアクティビティを楽しめる魅力的な島です。そんな座間味島では、遊び方もさまざま。島に来てから何をするか、事前に計画をたてておくと、より一層座間味島を楽しむことができます。

マリンスポーツを楽しむ

座間味島と言えばスキューバダイビングが有名で世界中のダイバーに知られています。スキューバダイビングのほかに、スタンドアップパドルボート(SUP)やシーカヤック、グラスボート、サンゴ礁ツアーを行っているショップもあり、ご予約するとツアーに参加することができます。色鮮やかなサンゴや熱帯の魚はもちろん、ウミガメやクマノミ、マンタに出会えるかもしれません。

美らビーチ巡り

ミシュラン・グリーンガイドで2つ星がついた古座間味(ふるざまみ)ビーチでは、シュノーケリングや海水浴を楽しむことができます。またマリンジェットやバナナボートなどのビーチアトラクションも楽しむことができます。島の西に位置する阿真(あま)ビーチでは、遠浅のビーチでウミガメの生息地となっており、満潮時にはシュノーケリングで彼らに遭遇することができます。

無人島でシュノーケリング

古座間味ビーチや阿真ビーチでも十分シュノーケリングは楽しめますが、さらにシュノーケリングを満喫したいのであれば無人島へ渡ることをお勧めします。座間味港から安室島(あむろじま)、安慶名敷島(あげなしくじま)、嘉比島(がひじま)の3つ無人島へ、渡し船に乗って行くことができます。上記ビーチよりもサンゴが多く、たくさんの熱帯魚に出会うことができます。

島観光

マリンアクティビティ以外に自然を満喫できるおすすめの観光スポットが、座間味島にはたくさんあります。

座間味島の高台には多くの展望台があり、それぞれの展望台から違った絶景を見ることができます。高台まで行くには道が多いのでレンタカーかレンタルバイクのご利用をお勧めします。

ホエールウォッチング

毎年、冬場の12月後半~3月末にかけて、座間味村ホエールウォッチング協会がツアーを開催しています。多くのザトウクジラが遥か彼方の北極圏から、温かい慶良間の海で繁殖・出産・子育てをするために、数千キロの旅をしてきます。海が荒れていない限り、ほぼ100%の確率で見ることできます。体重およそ30トン、体長15m以上にもなるザトウクジラたちのダイナミックなパフォーマンスは迫力満点です。

マリンアクティビティに参加をご希望の方は、事前にご予約することをお勧めいたします。
座間味村HPにショップ情報が掲載されています。座間味村HPはこちら